パッケージ製作でよくあるトラブル 皆様のお悩みに、弊社がお応えいたします。

  1. パッケージ印刷の正文社 TOP
  2. パッケージの製作でよくあるトラブル

パッケージの品質にこだわりたい皆様へ

パッケージの製作過程で、「不良品が多い」「納期に間に合わない」などのトラブルに見舞われたことはありませんか?品質にこだわりたいからこそ、そんなトラブルは避けたいもの。こちらでは、そうしたトラブルに対し、弊社ならではの解決方法をご紹介します。

パッケージ製作の品質にこだわりたい皆様へ

パッケージの製作でよくあるトラブル・お悩み

納期が間に合わない…

納期は皆様特に気にされることだと思います。
弊社はスピードに自信があります!完全データ支給なら、印刷表面加工・トムソン加工・サイド貼り・仕様を含めて、7営業日内で出荷することも可能です。(※事前のお打ち合わせが必要です。)
事前にお打ち合わせを行い、こだわりを一緒に形にするという考え方で取り組んでいますので、「パッケージの見た目にこだわりたいが、納期が長くなるのは困る」といったお悩みは、ぜひ一度ご相談下さい。

印刷不良(色が上手く出ない)…

上記のようなお悩みは印刷物全般でよくお聞きします。特に、色にこだわりたい化粧品や健康食品などのパッケージでは、そういった不良があると、商品のイメージにも影響します。
弊社では色へのこだわり、特に上手く表現しにくいグラデーションやベタなども、長年培った技術とノウハウで表現することが可能です。安心してお任せ下さい。また 検品工程を要する場合は、コストアップはあるものの、全数検品を行っております。

弊社にて対応可能な加工一覧はこちら

表記規制が変更になって早急に作り直さないと…

化粧品や健康食品などは特に、パッケージへの表記の規制が厳しく、法律が改正されることも頻繁に起こります。そういったタイミングでパッケージを作り直す際は、短納期で行うことが求められます。弊社では、まず製作の際の表記の規制についてのチェックを行うと共に、出来る限りのスピード対応で皆様に満足のパッケージをお届けすることが可能です。

商品の輸送・移動中に色あせや傷がついてしまう…

パッケージでよく頂くお悩みです。せっかく満足の印刷ができても、それが店頭に並ぶ前に輸送中に小さな傷がつき、色あせてしまったり、大きな傷がついてしまっては意味がありません。
弊社では輸送のこともきっちり考え、表面加工や違った素材、緩衝材の提案を行うことが可能です。

弊社自慢の内枠・緩衝材についてはこちら

中身の商品が割れたり破損してしまう…

パッケージの中に入れる商品が割れ物の場合、その商品が破損しないように対応を行うことが必須です。
弊社では輸送のこともきっちり考え、パッケージの内枠や緩衝材の提案、またパッケージのサイズの見直しの提案も行います。内枠・緩衝材の威力をご存知ですか?弊社では緩衝材で特許も取得しております。緩衝材・内枠はお任せ下さい!

弊社自慢の内枠・緩衝材についてはこちら

過大包装になってしまっている…

空間率って、ご存じですか?弊社に寄せられるご相談の中に、デパート及びコープ様関係をお得意様に持つお客様から、商品に対して箱が大きすぎるとのクレームが時々あります。それらのギフトケースは弊社で手掛けておらず、各自治体の進めている過大包装に関する条例(確かに複雑な条例です)を知らずに製作された箱の相談をお受けしますが、いつもお客様には、お気の毒に思います。エコ問題が叫ばれる中で、過大包装に関する条例を知らないのは、時代の逆行だと思われます。
弊社ではそういった条例はもちろん加味した提案をさせていただきますので、ご安心下さい。

パッケージに関わる規制(過大包装基準)についてはこちら

パッケージだけでなく、ラベルや袋も必要だ…

パッケージを製作する際、その他関連商品の製作も必要となる場合は多いです。弊社では、パッケージの製作を得意としていますが、その他の印刷物も製作可能ですので、「まとめて1社に頼みたい」といった方におすすめです。

取扱商品はこちら

弊社はパッケージ製作における提案力とノウハウをご用意して、皆様をお待ちしております。

パッケージの製作でよくあるトラブルを解決したい方は、お気軽にお問い合わせ下さい。
パッケージ製作に関する問い合わせ番号
営業時間:9:00〜18:00 (定休日:土・日・祝)
営業時間外は問い合わせフォームをご利用下さい。
こちらから折り返しご連絡差し上げます。

お問い合わせはこちら